なぜ第二次大戦でアメリカはヒトラーではなくスターリンを選んだのか(1)


なぜ第二次世界大戦でアメリカはヒトラーではなくスターリンを選んだのか?フランスで最も政府に恐れられ、迫害されている反体制派の鬼才エッセイスト、アラン・ソラルによる分析。

1933年政権に就いたヒトラーはどん底にあるドイツの経済立て直しに全力を注いだ。そこで彼とドイツ国家社会主義政権の経済政策者達の見出した新たな経済モデルは英米による金融世界支配を危うくする画期的なものだった・・・!フランスのエッセイスト、アラン・ソラルが1942年にフランスの社会派経済学者フランシス・ドレジが記した本をもとに、ドイツを奇蹟の復興に導いたヒトラーの経済政策と第二次世界大戦の真の理由を分析する。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/29 22:33 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinhosyu.blog.fc2.com/tb.php/4519-6f29244e