パーキンソンの法則 (Hachipedia)

パーキンソンの法則(パーキンソンのほうそく、Parkinson’s law)は、1958年、英国の歴史学者・政治学者シリル・ノースコート・パーキンソン(英語版)の著作『パーキンソンの法則:進歩の追求』、およびその中で提唱された法則である。役人の数は、仕事の量とは無関係に増え続けるというもの。

https://ja.wikipedia.org/wiki/パーキンソンの法則

関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/08/11 23:55 ] そうきゅん さん | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinhosyu.blog.fc2.com/tb.php/3032-3db08848